脇汗の改善|美しさはないとダメ|美容外科で理想の美しさを
女の人

美しさはないとダメ|美容外科で理想の美しさを

脇汗の改善

女の人

ワキガに注意

美容外科で行う治療は、顔の整形だけではなく、体の治療も行います。中でも意外と多いのが、脇汗や、ワキガの治療です。ワキガは、自分だけではなく、周りにも不快な思いをさせてしまうものです。得に夏場は脇の汗腺から汗が大量に出るので、その臭いが周囲に充満し、刺激臭となってしまう可能性があります。特に心斎橋は人が多く、電車で心斎橋駅から移動するときも人に迷惑をかけてしまうので乗るのがためらわれるという人は多いです。ワキガもしくは多汗症は、美容外科で治療が可能です。基本的にアポクリン汗腺という汗腺を治療により摘出して臭いの発生源を除去するのですが、心斎橋の美容外科では他にもキズが残らない手術を行い、ワキガや多汗症を改善します。

ワキガの原因

ワキガの原因は、アポクリン汗腺と呼ばれる汗腺が原因です。アポクリン汗腺は脇の下や耳にある汗腺であり、ここから発される汗はタンパク質、脂質、アンモニアなどが排出されます。これらが悪臭の原因であり、ワキガの人というのはこのアポクリン汗腺から排出される成分が多い人を意味します。なお、多汗症の原因はもう一つの汗腺であるエクリン汗腺という汗腺が原因なのですが、こちらは臭いが殆ど無く、ほぼ全身にエクリン汗腺はあります。美容外科では、アポクリン汗腺もしくはエクリン汗腺を治療によって除去もしくは破壊することが挙げられます。この2つの内、特にアポクリン汗腺は除去される傾向が強く、摘出方法も確立されています。この摘出方法を、ベイザーシェービング法といいます。これはベイザー吸引管からベイザー波を出しアポクリン線を焼き切った後、吸引管で摘出するという方法です。また、エクリン汗腺はボトックス注射などで分泌を抑えて多汗症を改善します。

傷つけない治療

ベイザーシェービング法は確実にアポクリン汗腺を摘出できますが、脇の下を少し切開するので傷が残ります。しかし、前述したように心斎橋の美容外科ではメスを使わずにワキガ改善を行うクリニックもあります。これは、マイクロ波を脇に照射しその熱でアポクリン汗腺を破壊するという方法です。この治療によるメリットは、キズが全く残らないどころかキズすらつけないので体に負担が全くかからないということです。